副業

キーワードの種類を全網羅!成約しやすいワードとは?【SEO】

更新日:

キーワードの種類全網羅!初心者でも売りやすいワードは?【SEO】

Google検索で上位表示をするためにはSEOに関する知識や技術が必須です。

検索意図やキーワードの種類を把握しないまま記事を書いても上位表示する事は簡単ではありません。

T山
努力が報われない…!

今回は最初に押さえておきたい知識である「キーワードの種類」について解説していきます。

この記事でわかる事

  • SEOにおけるキーワードの種類
  • 売れやすいキーワードの種類

注意

この記事は初心者向けです。中級者以上に有益な情報は少ないと思いますのでご注意下さい。

 

キーワードの種類を把握し適切な努力をしよう

キーワードの種類を把握し適切な努力をしよう

SEOにおけるキーワードをカテゴライズする方法は、複数存在します。

特に検索意図を考えず記事を書き始め、何となく何千文字も書いていても思うように結果が出ません。

何より自分の努力が正しかったのか?どこを改善すれば良いのか?というPDCAを回すことができないため成長のスピードが遅くなってしまいます。

T山
せっかく努力してもレベルアップしにくい~

記事を書き成果を出すまでの基本的なPDCAは

  1. キーワード選定(P)
  2. 適切な記事を書く(D)
  3. 順位チェック(C)
  4. 順位をあげる施策を行う(A)

です。(サイト設計などは省略しています)

最初の段階であるキーワード選定のためには、キーワードの種類・特性・検索意図を知っておくことが大前提というわけですね。

 

T山
上記では1~4の段階に分けていますが、KWの種類を把握しておくことが大前提!

 

キーワード関連の知識や選定は、アフィリエイトでいえば設計図に当たる部分です。

しっかりと設計図を作れていない場合ちゃんとした家(サイト)が出来上がりません。

T山
思ったように売り上げが上がらなかったり、カニバってしまったり…

大前提であるキーワードの種類・分類方法はいくつかありますが、中でも

  • 検索ボリュームによる分類
  • 検索意図による分類

上記の二つの観点が最低限必要です。

後々困らないためにもしっかり把握しておきましょう。順番に解説していきます。

 

検索ボリュームで分類したキーワードの種類

検索ボリュームで分類したキーワードの種類

1つ目は、月間検索ボリュームごとにキーワードを分類する方法です。

検索ボリュームによる分類

  1. ビッグワード(月間検索数が10000以上)
  2. ミドルワード(月間検索数が1000~10000)
  3. スモールワード(月間検索数が0~1000)

上記の三種に分類されます。

どれくらいの検索ボリュームを何というワードで呼ぶか?

は人によって意見が分かれますが、本質ではないので気にする必要はありません。

T山
目安程度に考えておきましょう!

 

ビッグワードとは

ビッグワードとは

ビックワードとは基本的に単体(1語)で検索されるキーワードの事であり、検索ボリュームの多いワードの事です。

月間検索数が10000以上のキーワードを指すことがほとんど。

ダイエット・不動産・お歳暮・青汁

このように一語だけで検索されるワードの事です。

検索ボリュームが多いため、上位表示すればかなりの額を稼げます。

ジャンルによりますが、軽く8桁以上を稼ぐことも可能。

しかし、競合も多く難易度はかなり高いです。

また、後述するミドルワードやスモールワードと比較すると検索意図が曖昧であるためコンバージョン(成約)に結び付きにくいというデメリットもあります。

「ダイエットという」一語であれば

一語の検索意図

  • 方法が知りたいのか?
  • 言葉の意味を知りたいのか?
  • 語源を知りたいのか?
  • 流行っているサプリが知りたいのか?
  • リバウンドを気にしているのか?

検索意図が曖昧です。

それに対し「ダイエット サプリ」という二語であれば

二語の検索意図

  • おすすめのサプリが知りたい
  • サプリはダイエットに効果があるのか知りたい

上記のように、ユーザーの検索意図をある程度絞り込むことができます。

 

T山
より具体的になる…!

 

「ダイエット」「青汁」「キャッシング」など、時代を問わずにずっと検索され続けるキーワードの難易度はかなり高いです。

 

しかし、ジャンルによっては上位表示を狙える穴場もあります。

T山
少し前だと「ナイトブラ」「時計レンタル」などです。

市場が成熟しきっておらず、認知度が高くないキーワードであればビッグワードでも上位表示は狙えます。

商標ワードと言われる商品名一語のワードにも上位表示のチャンスはありますので、リサーチが重要ですね!

 

ビッグワードの特徴

  • 上位表示が難しいが、大きく稼ぐことが可能
  • 検索意図が曖昧である
  • キーワードによっては上位表示も狙えるかも?

 

ミドルワードとは

ミドルワードとは

ミドルワードとは基本的に2語で検索されるキーワードの事です。

月間検索数が100010000のキーワードを指すことがほとんど。

検索数もそれなりにありますし、ミドルワードで上位表示しても充分に収益をあげる事ができます

例を挙げてみましょう。

  • ダイエット おすすめ
  • 不動産 大阪
  • お歳暮 カニ
  • 青汁 効果

上記のように二語以上で構成されるキーワードを指すことが多いです。

ジャンルによって変わってきますが7桁以上を稼ぐことも可能。

しかし、キーワードによっては上位表示の難易度が高い事も珍しくありませんので注意が必要です。

 

ミドルワードの特徴

  • 上位表示の難易度が、ビッグワードほど高くはない
  • 大きく稼ぐことが可能
  • ユーザーの検索意図がわかる

 

スモールワード(ロングテール)とは

スモールワード(ロングテール)とは

スモールワードとは基本的に2語~3語で検索されるキーワードの事です。

月間検索数が01000のキーワードを指すことが多く、ロングテールキーワードとも呼ばれる事も。

検索の8割以上はロングテールキーワードである

という言葉もあるくらい、ユーザーはロングテールキーワードで検索を行っています。

検索語数が多いため悩みが具体的である分

月間検索数が多くなくとも、上位表示すれば収益をあげる事が可能です。

  • ダイエット おすすめ 簡単
  • 賃貸 大阪 おすすめ
  • お歳暮 カニ パック
  • 青汁 効果 1か月

上記のように三語以上で構成されるキーワードである事が多いです。

ジャンルによって変動はありますが6桁~7桁以上も目指せます。

検索窓に打ち込む語数が多くなるためユーザーの検索意図が具体的であり、記事が書きやすいため初心者にもおすすめ

 

スモールワードの特徴

  • 初心者でも上位表示を目指せる
  • 充分に稼ぐことが可能
  • ユーザーの検索意図がかなり具体的にわかる

 

検索意図で分類したキーワードの種類

検索意図で分類したキーワードの種類

2つ目は、検索意図ごとにキーワードを分類する方法です。

  • DOクエリ(したい)
  • KNOWクエリ(知りたい)
  • GOクエリ(特定の場所へ行きたい)

の三種に分類されます。

クエリと書くと見慣れないと感じるかもしれませんが、「クエリ=キーワード」と思ってもらって大丈夫です。

Googleは検索エンジンを通し「ユーザーが求めている答えを提供する」事を目的に掲げています。

つまり、SEO攻略においてユーザーの検索意図を把握する事は必要不可欠

属性によるキーワードの分類を知り、適切な記事の提供を目指しましょう!

 

DOクエリ(したい)とは

DOクエリ(したい)とは

何かをしたい時に打ち込むキーワードです。

「購入する」という意図もここに含まれ、BUYクエリと呼ばれる事もあります。

具体的な例を挙げると、以下のようなキーワードです。

DOクエリの例

  • iPhoneX ケース 楽天
  • 保険 資料請求
  • プロアクティブ 最安値

それぞれ、何をしたくてキーワードを打ち込んだかがわかりやすいですね!

検索意図

  • iPhoneX ケース 楽天
    iPhoneXのケースを楽天で買いたい
  • 保険 資料請求
    保険の資料請求をしたい
  • プロアクティブ 最安値
    プロアクティブが最安値で買える所を知りたい(最安値で買いたい

簡単ですが、キーワードを打ち込んだユーザーの意図がわかりやすいと思います。

 

KNOWクエリ(知りたい)とは

KNOWクエリ(知りたい)とは

何かを知りたい時に打ち込むキーワードです。

わからない事が出てきた時にググるって行為、良くありますよね。

具体的な例を挙げると、以下のようなキーワードです。

KNOWクエリの例

  • ダイエット 夏までに
  • 生命保険 種類
  • プロアクティブ 評判
  • 荒川 水源

それぞれ、何をしたくてキーワードを打ち込んだかがわかりやすいですね!

検索意図

  • ダイエット 夏までに
    夏までにダイエットできる方法を知りたい
  • 生命保険 種類
    生命保険の種類を知りたい
  • プロアクティブ 評判
    プロアクティブって効果があるのか?世間の評判を知りたい
  • 荒川 水源
    荒川の水源がどこなのかを知りたい

あくまで例ですが、上記のようにキーワードからユーザーの検索意図を読み取る事ができます。

 

アフィリエイトサイトは1000以上作ってきましたが、KNOWクエリによる流入が8割~9です。

他の人もそんなに変わらないはず…(笑)

これは日常に置き換えてもわかりやすいと思います。

 

毎日「何かを買う・行動する(DOクエリ)」ために検索をするかと言われたら…違いますよね。

T山
どんだけ買い物すんねん。

KNOWクエリで上位表示し、まずはアクセスを集める事が第一歩と言えるでしょう。

 

GOクエリ(特定の場所へ行きたい)とは

GOクエリ(特定の場所へ行きたい)とは

特定の場所へ行きたい時に打ち込むキーワードです。

ユーザーの頭の中で、アクセスしたいページがはっきりしています。

具体的な例を挙げると、以下のようなキーワードです。

GOクエリの例

  • Wikipedia
  • Amazon
  • 楽天
  • インフルエンサーのブログ

上記のように、サービス名や公式サイトにアクセスをする事を目的とし、検索窓にワードを打ち込みます。

検索意図

  • Wikipedia
    Wikipediaという特定の場所へ行きたい
  • Amazon
    Amazonという特定の場所へ行きたい
  • 楽天
    楽天という特定の場所へ行きたい
  • インフルエンサーのブログ
    特定のインフルエンサーのブログにアクセスしたい

GOクエリは特定のサイトへアクセスするためのキーワードであるため、影響力がないとそもそも検索される事すらありません

狙うというよりは「影響力・知名度が高くなった結果としてGOクエリで検索されるようになる」という流れが正しいですね。

ちなみに個人の影響力、サーテーションなどはSEOに影響するといわれています。

T山
動画・SNS、何でも良いですが指名検索を獲得できていると、SEOにおいても有利なんだ…!

 

2つ以上の種類に属するキーワードもある

2つ以上の種類に属するキーワードもある

一つ頭に入れておきたいのは「検索ワードは、DOKNOWGOのいずれかのみに属するわけではない」という事。

例えば【ダイエット+青汁】というワードについて考えてみましょう。

検索意図として考えられるのは以下の2通りです。

種類 検索意図
DO ダイエットに有効な青汁を買いたい
KNOW 青汁はダイエットに有効かを知りたい

どちらとも考えられますね…。

こういう時は実際に検索を行い、どのような記事が上位表示されているか?の確認が必須。

Googleが検索ランキングで返している内容こそが答えです。

必ず確認を行うようにしましょう。

T山
これはDOクエリでしょ!

と決めつけて記事を作成しても、自分の考えとは違う意向が上位表示されている事もあります。

【個人の価値観=世間の価値観】と考えるのは非常に危険です。

注意

必ず自分で検索し、Googleが返している答えを確認しよう!

 

(参考)3つの分類には他の呼び方もあります

【DO・KNOW・GOの3種類】を紹介しました。

これらの考え方はSEOの世界だけでなく、リスティング広告などでも扱われるものです。

  • トランザクションクエリ
  • インフォメーショナルクエリ
  • ナビゲーションクエリ

と呼ばれます。

DOクエリ トランザクションクエリ
KNOWクエリ インフォメーショナルクエリ
GOクエリ ナビゲーションクエリ

キーワードについて検索しているとこのような表記を見かける事もあると思いますが、意味は同じなので難しく考えなくてOKです。

 

商標キーワード・ずらしキーワードについて

商標キーワード ずらしキーワード

ここまで検索数で分類するキーワード・検索意図で分類されるキーワードを紹介しました。

追記として、良く紹介される2つのキーワードをご紹介します。

それは「商標キーワード」「ずらしキーワード」です。

 

商標キーワードとは

商標キーワードとは

商標キーワードとは、商品名を含むキーワードの事です。

簡単ですが、例を挙げてみます。

商標KWの例

  1. プロアクティブ 効果
  2. チャップアップ 最安値
  3. プリマヴィスタ 評判

難易度はライバルや検索ボリュームによって変わってきますので、一概には言えません。

ちなみに、検索意図は以下のように考えられます。

①プロアクティブ 効果
プロアクティブという商品は効果があるのか知りたい(KNOWクエリ)
②チャップアップ 最安値
チャップアップという商品を最安値で買いたい(DOクエリ)
③プリマヴィスタ 評判
プリマヴィスタという商品の評判が知りたい(KNOWクエリ)

商品を元に設計するサイトの事は「商標サイト」と呼ばれ、稼ぎやすいので初心者の方にもおすすめです。

 

T山
稼ぎやすいんか!商標サイト作りまくったろ!

と意気込み、僕は商標サイトを作りまくった過去があります。

しかし商標サイト・キーワードには注意点も。

 

商標サイト・キーワードの注意点

商標サイトにおいて注意してほしい点は以下です。

  • 特別単価がもらえない
  • 突然案件が終わる可能性がある
  • 案件によっては難易度が高い
  • 後からライバルが増え難易度が高くなる事が有る
T山
まぁまぁなリスク…

案件終了もキツイですが、難易度が変化するという点も押さえておきたいですね。

 

商標キーワード 難易度

まるで日々値が変化する「為替」のようなイメージです。

為替程変化はありませんが、ジャンルによってはシーズンごとに人気商品の入れ替わりが激しい事もあり、まるでトレーダーのように「変化を読み取る力」を要求されることもあります

T山
流行は要チェックや…!

商標キーワードやサイトで稼ぐ経験ができたら、一般のジャンルキーワードを狙ったサイト・記事を作成するのがおすすめです!

 

ずらしキーワードとは

ずらしキーワードとは

最後に押さえておきたいのが「ずらしキーワード」です。

ずらしキーワードとは

一見意図していないと思われるキーワードだが、ユーザーの潜在的な欲求から出てくる種類の検索ワード

の事です。

T山
意味不明。

文章ではわかりにくいので、例を挙げます。

一般KW ずらしKW
退職代行 おすすめ 会社 辞めたい
ダイエット サプリ おすすめ 女性 平均体重 40代

上記は一例ですが、無限に出てきそうですね…。

ずらした種類のキーワードであれば、ライバルが少なく検索数も多いという事が結構あります。

T山
まさに穴場!

思いつくか?思いつかないか?発想力の勝負になってくるだろ!再現性が低い!

と言われそうですが、ある程度方法はありますので別の機会に紹介します。

 

人間が物を買う時に検索する種類のキーワードのを紹介

人間が物を買う時に検索する種類のキーワードのを紹介

あなたは最近何の目的で何を買いましたか?

人が物を買う時は、以下の2つのパターンであることがほとんどです。

  • 苦痛から逃れたい時(悩みを解消したい)
  • 快楽を得たい時(欲求を充足させたい)

上記の通り。

日用品などの生活必需品を除けば、人間の買い物は上記の2つに分類されることが多いです。

T山
「悩み解消キーワード・欲求充足キーワード」と呼ばれる事もあります。

 

苦痛から逃れたい時の検索キーワード

コンプレックスや苦痛を解消したい先に検索するキーワードです。

例を挙げてみましょう。

悩み解消の例

  • しわ 美容液 おすすめ
    しわという悩みを解消するのに有効な美容液を知りたい
  • 育毛剤 おすすめ
    今の毛量に満足していないという悩みを解消するのに有効な育毛剤を知りたい

検索ワードから、ユーザーの悩みを想像する事は簡単ですね!

上記2つのワードはDOクエリ(BUYクエリ)である前提で話検索意図を予想していますが、KNOWクエリである可能性がゼロで有るという事も忘れてはいけません。

実際に検索して確認しておきましょう!

T山
悩み系キーワードのDOクエリは成約に繋がりやすい!

 

参考

悩み系キーワードはDOクエリである事が多いです。

 

快楽を得たい時の検索キーワード

快楽を得たいと聞くと大げさに聞こえますが、こちらも簡単です。

例を挙げてみましょう。

快楽を得たい例

  • iPhoneケース かわいい
    可愛いiPhoneケースを使うという快楽を得たい
  • デュアルモニター おすすめ
    複数画面で作業をするという快楽を得たい

悩み解消以外のお買い物は、快楽を得る(欲求を充足させる)ためである事が多いです。

自分が最近買った物を想像するとわかりやすいかもしれません。

ティッシュペーパーやお茶のような日用品を除けば、たいてい上記の2つに分類されます。

T山
人間の欲は深いです…!

 

ネットでは人に相談しにくい商品ほど売れやすい

ネットでは人に相談しにくい商品ほど売れやすい

事実として「インターネットでは人に相談しにくい悩み程、モノが売れやすい」という傾向があります。

ハゲ・ED・借金・整形・バストアップ

上記のように「人には話しにくいが強いコンプレックスとなっている悩み」は、誰とも話さなくても購入ができるインターネットと相性が良いからでしょう。

深い悩みキーワードでサイトを作った場合、ページが10位以内に入っていなくとも報酬が発生する事も珍しくありません。

T山
僕の経験ですが、コンプレックス解消のために作成したサイトは滞在時間が長い傾向にあります。それだけユーザーも本気ってことですね。

 

初心者でも成約を取りやすいキーワードの種類を紹介

初心者でも成約を取りやすいキーワードの種類を紹介

ここまでで紹介した方法で、全てのキーワードを分類する事が可能です。

T山
表にすると以下のように整理できますね!
DO KNOW GO
ビッグ ビッグ・DO ビッグ・KNOW ビッグ・GO
ミドル ミドル・DO ミドル・KNOW ミドル・GO
スモール

(ロングテール)

スモール・DO スモール・KNOW スモール・GO

最後に「上位表示した際に制約が取りやすいキーワードの種類」を紹介したいと思います。

狙うべきは表の赤文字部分です。

T山
ここを軸にサイトや記事を作成していくと売れますよ~!

 

購入意欲が高いロングテールキーワード

何か商品を購入したい、買う気マンマンのユーザーが検索するキーワードです。

悩みが深いため具体的なワードで検索する分、月間検索ボリュームも少なくなります。

例として「便秘に悩んでいる女性をターゲットに青汁を売りたい場合」を考えてみましょう。

少し気にしている女性

そういえば最近お通じが悪くなってきた気がするわ…

このように、悩みがそこまで深くない場合は「便秘 解消方法」のような曖昧なワードで検索をします。

T山
KNOWクエリである事が多いです。

悩みが深い女性

お通じが悪いどころか完全に便秘で、生活に支障が出ているわ。通勤時間も苦痛でたまらないし、仕事にも集中できないし、お腹が痛くて寝付けない日もあるし…たまったもんじゃない!

上記のように、悩みが深い場合だと検索するワードも変わってきます。

「便秘 解消 青汁」「便秘 解消 サプリ」の様に具体的な解決策がすでに頭の中にあり、それを解消してくれるための商品が知りたい・買いたいという思いを持って検索をします。

青汁やサプリを使って解消したい!と前のめりになり、購入に前向きな状態で検索をしているので成約しやすい傾向にあります!

 

小さい市場、新興市場でのミドルワード・ロングテール

そもそも市場が小さい場合や新興市場であれば検索語数もそこまで多くなく、ミドルワードでも上位表示が狙えます。

記事を作成している2019年11月ですので、少し前の話ですがVOD・ナイトブラ』などはここに属します。

ナイトブラ、産み分けゼリーなどが話題になり始めたのはここ数年の話です。

市場が出来上がってしまえば、選択肢が狭くなったりライバルが強くなってしまいます

VODであれば話題になった映画・ドラマが出てくるたびに検索を取れるのが良いですね。

T山
使いまわせるイメージ
  • 「半沢直樹 再放送」
    →VOD案件へ流す
  • 「アベンジャーズ 無料」
    →VOD案件へ流す

というように、話題になる作品が出てくる度に記事作成が可能です。

汎用性が高い商材だと、助かりますね!

 

検索数が多すぎない商標キーワード

すでに書きましたが、商標キーワードはやはり売れやすいです。

T山
検索窓に商品名を打ち込んでいる時点ですでに興味を持っていますもんね!

商標キーワードを狙う際の注意点は2つ。

  • ライバルが強いキーワードは避ける
  • 売れている商品を扱う

です。

ライバルが強いキーワードは避ける

商標とはいっても、検索ボリュームが多いキーワードはライバルも強く上位表示が難しいです。

例えば育毛剤の「チャップアップ」などは血で血を洗うレッドオーシャン

T山
地獄へようこそ…!

もう扱っていないので公表しますが、「チャップアップ+一語」の複合キーワードで2位~3位を取れていた時期があります。

収益は月に70万~100万円近くをうろうろしていましたので、稼げる商標ワードは夢がありますね!

 

売れている商品を扱う

忘れてはいけないのが「売れている商品を扱う」という事です。

検索数の少ないニッチなジャンル・商品を狙いすぎた結果、誰も聞いたような事がない商品を狙いたくなる事がありますが…

商標サイトではなかなか売れません(笑)

T山
特に、上位(3位以内)に入らないとキツイ…
  1. 売れていない商品である
  2. 売り上げが安定していない
  3. 広告に使える予算が限られている
  4. 突然案件終了のリスクも…

という感じで「売れなかった+案件が突然終了」というダブルパンチを食らう可能性もありますので注意しましょう。

 

売れやすい語数と、注意点について

初心者でも売れやすい検索ボリュームはどれくらいなのか?という質問をよく受けます。

結論から書くと、明言する事はできません。なぜならライバルの強さによって変わってくるからです。

T山
SEOは相対評価なのです!

「曖昧でも良いから目安を教えてくれ!」という質問責めが来ることが多いので、僕なりの目安をあえて書いておくと

「0~3000のDOクエリ」が良いんじゃないかと思います。

しかしこれもライバルの状況によって変わってきますので、あくまで参考程度にどうぞ。

 

SEOにおけるキーワードの種類と売れるワードについてのまとめ

SEOにおけるキーワードの種類と売れるワードについてのまとめ

キーワードの種類・売れるワードの特徴について、重要な部分に焦点を当て紹介してきました。

キーワード選定の方法・記事作成の方法などは様々ですが、まずは種類と特性について押さえておくことが重要です。

記事の最後に本記事の内容をまとめておきます。

 

検索ボリュームによる分類

ビッグワード・ミドルワード・スモールワード(ロングテール)の3種類。

名称 月間検索ボリューム
ビッグワード 10000語以上
ミドルワード 1000語~10000語
スモールワード 0語~1000語

ポイント

ミドルワードを軸に、スモールワードの記事を増やしていくのがおすすめ

 

検索意図による分類

DOクエリ(BUYクエリ)、KNOWクエリ、GOクエリの3種類。

名称 検索意図
DOクエリ(BUYクエリ) ~したい
KNOWクエリ ~について知りたい
GOクエリ 特定のサイトに行きたい

ポイント

検索のほとんどはKNOWクエリ。サイト内には収益化記事(BUYクエリ)だけでなくKNOWクエリの記事も用意しておこう。

 

その他の分類

商標キーワード、ずらしキーワード。

名称 検索意図
商標キーワード 商品名を含むキーワード
ずらしキーワード 検索意図はしっかりしているが一見違うように見えるキーワード

ポイント

商標キーワードやずらしキーワードは稼ぎやすく、穴場である事も少なくない。

 

狙い目のキーワード

  1. 購入意欲高い+ロングテール
  2. 小さい市場+ロングテール
  3. 検索数が多すぎない商標キーワード

の3パターンがおすすめ。初心者でも成果を出しやすい。

ポイント

成約との距離が近く、検索ボリュームがあるところを見つけるのが稼ぐコツ!

 

自分が狙ってるキーワードの種類を把握し、検索数や検索意図・成約との距離を意識しておくことで成約率は変わってきます

普段からしっかりと意識しコンテンツ作成に取り組んでいきましょう!

T山
以上、超重要な「キーワードの種類について」でした!

-副業
-,

Copyright© T山ナイト.com , 2020 All Rights Reserved.